パソコンの大掃除の方法とコツ

パソコンを分解して大掃除する方法と、コツを教える男性

パソコンの大掃除の方法とコツについてご紹介します。

パソコンを長く使っていると、住まいの環境にもよりますが、
こんな状態になりますよね。

内部に汚れが溜まり
ファンによる冷却がほとんど効かない状態
外側からも、ホコリのたまり具合が見える

特に喫煙者のパソコンの内部はとても汚れていて、
開けてみるとびっくりします。ですので、1~2年の間に
必ず1度は大掃除をするのをお勧めします。

具体的な方法と利用道具

パソコンの大掃除のコツについて説明してみましょう。

最初に分解できることが条件です。

それほど難しくはありませんから、
事前にメーカーのWEBサイトなどで、構造を調べておけば良いです。

ショップブランドのタワー型なら、内部の構造は類似していますし、
掃除も小型PCと比べて簡単です。

まずはドライバー等を利用して分解

パソコンのケースを開けます。ドライバーなどが
必要な場合もあります。ケースは側面と前面が
外れるようになっていますので外します。

スポンサード リンク




内部を綺麗に

こうすると作業はとても楽です。必要なものは綿棒、
PC清掃用ウェットティッシュ、エアーブロー、
洗剤などがあれば良いでしょう。コンセントは抜いてから行います。

ケース内部の埃
ケース内部をすべて分解するのは面倒と思われる方は、
届きかねる場所も含めて、エアーブローで吹き飛ばします。

この作業は室外で行った方が良いでしょう。
これだけでもかなりきれいになります。

ファンの掃除
一番汚れているのがファンです。PC内部を冷却するためのものですが、
ファンの羽の部分に汚れが堆積していますので、ウェットティッシュで
拭きます
。酷い汚れは洗剤を使います。

届きにくい箇所は綿棒で汚れを落とせば、完璧でしょう。
ほとんどの場合CPUや、グラフィックボードにも
ファンがついていますから、これは綿棒で掃除するのが
良いでしょう。

エアーブローで塵などを吹き飛ばしてから行えば楽です。
ファンを掃除することでPCが発する音も静かになり、
冷却効果もアップします。

ケーブルの抜き差し

意外にケーブルが抜け掛かっていたりする事もあります。
埃が付着している場合もありますから、ケーブルや
コネクターは一度抜いて掃除
をしてから再度接続します。

最後にケースの内面を吹いてからケースを組み立て、
外面を洗剤を使って拭きます。から拭きもした方が良いでしょう。

スポンサード リンク

コメントを残す